■クラシックのタイトルと作曲家名およびパブリッシャについて

クラシックのアルバムについては、デジタル販売サービス側の意向により、以下の条件に沿ったアルバム以外は、受付拒否される場合があります。

1)クラシックアルバムの各曲のタイトルは、以下の通りの形式でなければなりません:

作品名, 調, カタログ番号: 楽章番号. 楽章タイトル

例:

■スタンダード・レパートリー:伝統的なバロック、クラシック、フランスロマン派、などで、シンフォニー、ソナタ、コンチェルト、などを含む、一般にクラシックと呼ばれるような音楽をさしますが、カタログ番号があり、また曲名に調が含まれているのが普通です。

Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67: I. Allegro con Brio
Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67: II. Moderato
Symphony No. 5 in C Minor, Op. 67: III. Adagio
など

原曲の曲名に調が含まれている場合、それは曲名の一部ですので、編曲で調を変えていても、曲名は、原曲のままとしてください。

■ノンスタンダード・レパートリー:上記以外でクラシックに分類されるもの、曲名に調がないもの、カタログ番号がないもの、などで、最近のものは、すべてこちらに入ります。

Three Lyric Pieces, Op. 47: No. I: Summer Song
Three Lyric Pieces, Op. 47: No. II: Fall Song

■オペラ曲のタイトルの場合は以下の通りです:
オペラのタイトル, カタログ番号: 幕番号 - "トラックのタイトル"


Don Giovanni, K. 527: Act II - "Il mio tesoro intanto"

2)曲のタイトルには、作曲家名を入れないでください。作曲家のフルネーム(名、姓の順で)は、作曲家欄に登録してください。

3)1923年以前に書かれた作品は、パブリックドメインです。パブリッシャーの欄には、"public domain"と記入してください。パブリックドメインの曲は、カバー曲としては扱われませんので、カバー曲は"なし(no)"にしてください。

パブリックドメインでない作品については、その曲の著作権を管理しているパブリッシャ名が必要です。これは楽譜の出版社と同じとは限りません。また、この場合は、カバー曲となります。