まず、登録いただいたアーティスト名やアルバム/シングルタイトルが日本語だけの場合、海外のデジタル流通パートナーから扱いを拒否されることがあります。

次にiTunesからの要請で、アーティスト名、アルバム/シングルタイトル、トラックタイトルに日本語(漢字やかな)が含まれている場合、ローマ字と混在させないように指導が来ています。

そして、アルバム言語(Album Language)が日本語の場合は、アルバム/シングルタイトル、トラックタイトルは全て日本語で表記することが推奨されています(アーティスト名だけは英語で表記できます。また歌詞の大半が英語の場合は例外的に英語のタイトルを付けることができます)。

例えば、「東京Triumph」という曲は「東京トライアンフ」あるいは「東京凱旋」といった曲名で登録することが推奨されています。

そのため、「東京Triumph」のように登録するとCD Babyの担当者から修正を促されることがあります。

そのような場合で、どうしても「東京Triumph」と登録したい場合は、修正せずにそのまま再度担当者のチェックを受けてください。通常は再度修正を促されますが、担当者によっては日英混在のままデジタル流通パートナーへ転送する場合があります。ただし各デジタル流通パートナーが該当タイトルを発売するかどうかは、それぞれデジタル流通パートナー独自の条件と判断で決定されますので発売にならない可能性があります。

いずれにしろ海外のファンの多くは日本語が読めませんので、海外向けには全てを英語表記で登録することをお勧めします。
英語で表記ページも参照ください。

なお、まったく同じオーディオデータのアルバムあるいはシングルを、単に日本語表記と英語表記の2個のタイトルとして別々に登録することは禁止されていますが、日本語表記の日本語版の発売地域を日本だけ、英語表記の英語版の発売地域を日本以外に設定した場合のみ、例外的に登録が可能となります。

このように日本語版と英語版を登録した場合、日本語版の登録料金を払って連絡先のページにあるサポートセンターからその旨の連絡をいただければ英語版は無料で支払い済みの状態に変更します。

まったく同じオーディオデータのアルバムあるいはシングルを日本語表記と英語表記の2個のタイトルとして別々に登録しても、発売地域をどちらも全世界など同じ地域に指定すると、iTunesなどのデジタル流通パートナーでは両方のタイトルの販売を拒否しますのでご注意ください。

また、iTunesなどのデジタル流通パートナーは常にこうした条件を変更しています。そのため、上記の条件をすべて満足させた登録内容でも、時期や担当者によって修正を求められることがあります。

-以上-