同期ライセンスのYouTube収益化オプションを有効にすると、該当楽曲がCD Babyの提携先であるRumblefishに送られます。

該当楽曲はYouTubeに転送され、
YouTubeContentsIDデータベースに登録されます。

YouTubeは、このデータベースを使ってアップロードされているビデオに該当楽曲が使われていないかを常時チェックしています。

該当する楽曲が使われているビデオがあると、そのビデオに強制的に広告が表示され、その広告が生み出す売り上げがContentIDの登録者に支払われます。

この時、YouTubeのContentIDデータベースには、CD Babyが登録者として記録されていますので、売り上げはRumblefishを介してCD Babyに支払われます。

そのため、該当楽曲の権利を持つアーティストが、自分のチャンネルにアップロードした自作のビデオで該当楽曲を使っていると、そのビデオの情報に「第三者のコンテンツと一致」という警告が表示されます。

これは、単に該当楽曲がCD BabyによってContentIDに登録されており、広告による売り上げがCD Babyに払われることを意味しているだけで、権利の侵害を示唆するものではありません。

「第三者のコンテンツと一致」と表示された場合は、そのまま放置しておいてください。

もちろん該当楽曲の権利はアーティストのものですので、警告が表示されていても気にせず自由にお使いください。